MEMOSHIN

カルメラのピアニスト、パクシンによる日々の出来事をパクシン目線で見たブログ

先輩の可愛がり

今まで沢山の先輩にお世話になってきた。そして、今も本当に様々な先輩に良くして頂いている。先輩という存在無くしては何事もうまくいかなかっただろう。色んな先輩がいる中、お茶目な人も多い。「この人・・暇なの?」って勘違いしてしまうようなじゃれ方をしてくる人もいてるんだけど、そんな先輩の一人を今日は実名で紹介します。

 


THE イナズマ戦隊のドラマー、久保さん。

 


この人は本当に良い先輩なのだけど、絡み方が変化球。直球じゃないのがもう逆に面白い。どんな絡み方をするかと言うと、主に電話をかけて来る。それも特に大事な要件がある訳ではなく、飲みの誘いをする訳でもなく、主にSNSの投稿に対するリアクションとして電話をかけて来る。僕はまだ少ない方だけど、自分のバンドの他のメンバーが久保さんからの電話の対応をしているのをよく見る。僕はそれを見て

 

 

 

いや、リプライって知ってる?

 

 

 

と思っているんだけど、久保さんからすれば大事な事だかららしっかり電話で伝えた方が良いかなと思っての事らしい。しかし、傍目で見ている限りは特に大事とは思えない内容がほとんどだ。

ターゲッティングされたメンバーはおそらくTwitterFacebookInstagram、ブログなど、ありとあらゆるSNSを隈なく久保さんにチェックされているはず。「え?そんなことも知ってるんすか?」となるぐらいに、久保さんの我々に対する監視はなかなかに厳しい。


そして先日、メンバーからこんなラインが来た。

f:id:pakshin:20180809190958j:image

突如届いたボイスメッセージ。聞いてみるとどうも留守電の録音のようだ。

以下はその書き起こし。

 

もしもし パクシン君?

この前ブログ書いてたの読んだんだけど

「いつものカフェで」みたいな書き出しだったんだけど、まるで

「僕、いつもカフェにおりますねん」みたいなそういうアピールはいらないと思いまーす。

以上、報告までに連絡しましたー。失礼しまーす。

 

 

いやいやいやwwww

まず冒頭に「もしもしパクシン君?」って言ってるけど、そもそも俺にかけて来てないやん。

どういうことですか。直接言ってきてくれたらええやん。笑

 

何で他のメンバーに電話した冒頭が「もしもしパクシン君?」なん。こんなん笑うやんwww

あっブログ読んでくれたことはありがとうございます。

で、本題の


「僕、いつもカフェにおりますねん」みたいなそういうアピールはいらないと思いまーす。


やけど、、、、ちゃうやん。そんなんちゃうやん。まぁちょっとこれに関しては僕も気取ったとこあったかもしれないんでそれに関しては反省します。。

 


でも

 


「僕、いつもカフェにおりますねん」

 


みたいな言い方せえへんやん。そんなにコテコテじゃないやん。「おりますねん」って言ってる時点でカフェにいる気取ってる感じ半減するやん。

 

 

 

え・・・・・

 

 

 

暇なん!?

 

 

 

てなるやん。これは。

 

しかし久保さんは決して暇な人ではない。人気のあるバンドで超多忙なお方なので、忙しい中隙を見て我々の動向をチェックし、ちょいちょいこういうのを放り込んでくれているんだろう。そう考えると、これはもはや愛としか言いようがないなと思っていまして。一種の愛情表現であり、可愛がりでもあるんだなと受け取っています。ありがたい。

 


SNSに何かをあげる

久保さんのチェック入る

たまにどうでもいい指摘入る

若干鬱陶しいノリ出すけどオモロい(ちょっとだけ嬉しい)

久保さんもちょっとだけこの感じ、悪くないと思ってる(多分)

 

 

っていう無限ループという、今までになかった先輩との絆の作り方してます。

どうでもいい事がほとんどではあるけど、そんな久保さんが自分が結婚した時にそのお祝いの言葉を”大事なことだから“と電話で祝福してくれた時は嬉しかったな。本当に大事なことも、ちゃんとそうやって言葉で伝えてくれるのは嬉しいし、だからこそ僕はこの人の事が大好きなんだなと思えました。

 


そんな久保さんのいるイナズマ戦隊のライブが見たくなって来た。そろそろ直接顔見て話したいな。電話じゃなく。笑

 


このブログに対する反応も何かしらあるんだろうな~・・・

いただきますとごちそうさま

気付けば30歳になっていた。幸か不幸か人よりもいくらかは少年の心は失わずにいてる気がするけど、年齢的には立派な大人。もちろん、まだまだ未熟な身であることは自覚しているけれど、それでもハタチの頃から考えると大人になったなぁと自分で思えることが少しはある。

 
ここ最近、改めて大人としてちゃんとしたいなと思っていることは「いただきます」と「ごちそうさま」を口に出して言うということ。

 
いや、それ幼稚園児レベルの常識やんって話かもしれないけど、それが意外に出来ていないという事に気付いた。

 
家でだけできていても意味がない。友人や知り合いと外食している時、例えば飲みの場などで100%できているかと考えると、これが意外にできていない。それどころか、一人での外食、例えば牛丼やラーメンなどチェーン店でサクッと済ませる場合を考えるとほぼできていない。

 
 ふと気付いたこの事実に少し反省し、できるだけ気をつけるようにしている。チェーン店でも誰かが作ってくれている訳だし、頂く命に感謝をしなければ。と言っても、大きな声を出すのはちょっと憚られるときもあるので小声で言ったりしてる。ただ、これは多分僕だけだと思うんですけど・・一つ弊害があって。

 

 

 

 

タクシー降りる時に高確率で「ごちそうさまでした」って言っちゃう・・・・

 

 

 

 

 

特に呑んだ帰りだと酔いも相まってか、ほぼ言ってしまう。

 

 

 

 

 


めっちゃハズい・・・・

 

 

 

 

 
先生の事お母さんって呼んでしまった現象と同じ恥ずかしさ。

ちなみに昔マツオ君という友達とマリオカートで遊んでいて、その後そのマツオ君のことを「マリオ」と呼んじゃったことあります。イントネーションはマツオのまま。マ↑リオじゃなくマリ↑オ。言い終わる瞬間に自滅しました。

 

話が逸れたけど、このタクシー降りる時にごちそうさまでしたって言っちゃう問題が何故起こるか考えてみたら、多分、会計の時の会話がほぼ飲食店と同じなことによって、反射的に口を突いて出てきてるんじゃないかと。

 

 

「はいどうも◯◯円になります。領収証はどうされますか?」

 


「あっお願いしますー。はいこれちょうどです。」

 


「はい。確かにちょうど頂きました。忘れ物無いようにお気をつけて。」

 

 

この会話、飲食店にもタクシーにもぴったり当てはまりませんか?

こう来ると言ってしまうのは

 

 

「はーい。ごちそうさまでしたー。」

 

 の一言しかないやん。

 

でもこれは、反射的に口に出てしまうほど、普段心がこもってない証拠なのでは?とも思う。なので、これからはもっとちゃんと感謝の気持ちを込めて「いただきます」と「ごちそうさま」を言っていきたいと思います。

急な雨

いつものカフェにいると急に雨が降ってきた。


そろそろ出ないといけない時間になったけれど傘は持ってきていない。でもまぁ、自分的には傘がなくても大丈夫な雨量だった。

面倒臭がりな性格のせいなのか、普段から小雨ならあまり傘をささないのでそのまま店を出ようとする。その瞬間、測ったかのように空模様は小雨から豪雨へ。


おいおい、天気予報どうなってんねん。ここ数年夏といえばこれ。何かと言えばゲリラ豪雨

 


「思いもよらない大雨が急に襲ってきましたね。でもこれ、ゲリラ豪雨なので。」

 


ってそんな。ゲリラって言葉を付けておけば万能の言い訳になるとでも思っているのか。きっちりしてる社会人はカバンに折り畳み傘の一つも常に忍ばせているんだろうけど、まさか僕がそんな品行方正な事をしている訳がない。


次の予定もあるしどうしようかと思っていると店員さんが「傘持ってますか?お店ので良ければ使って下さい。」と優しい一言をかけてくれた。こういう時のお店の優しさって本当に嬉しいですよね。お陰様で事なきを得ました。帰りには雨が上がっていたけれど、やっぱり夏はこれがあるから外出する時は注意しないとなと、改めて思った。

 

 

話は変わって、沖縄の人は少々の雨でも傘をささないのがデフォルトらしい。

 

確かテレビか何かで見たこの事実。“沖縄の人”という大きな括りに「香ばしい。非常に香ばしい。これはエピソード大盛りにしてる匂いがプンプンするぞ・・・」と思っていたのだけど、ここ最近やたらと沖縄ゆかりの人たちとご縁があり繋がっているので、そのうちの仲の良い一人に聞いてみた。

 

 

 

「こんなエピソードを聞いたんやけど、沖縄の人って本当にそうなん?」

 


「そうだよ。結構みんな普通に傘ささないよ。」

 


「え?それって一部の地域とか、面倒くさがりの人が比較的多いとかそういう話じゃないんや。」

 


「うん。みんなあんまり傘さしてないね。」

 


「そうなんやぁ。それってどれくらいの雨量までささないの?小雨だけとか?」

 


「うーん。結構ささないかも。」

 


「それって本降りの勢いでもって事やんね?」

 


「うーん。。結構ささないね。」

 

 

 

 

 

 

いや、だからその結構ってどれくらいやねん。

 

それを聞いとんねん。今。

 

 

 

 


なんてことを思いつつも、例のエピソードの真偽と、この話が盛られていないことが知れた。でもなぜ沖縄人は傘をささないのかという謎も残る。

 

 

 

「なんで傘ささへんの?」

 


「んーわかんないけど、急に雨降ることも多いし傘持ち歩くの面倒臭いからじゃない?」

 


「へー。でも濡れるのは嫌じゃないん?小雨じゃないと服も靴もびちょびちょになるやん。」

 


「まぁ細かいこと気にしない人多いからねー。」

 


「なるほど。濡れるの気にならんのか。そういうもんやねんなー。」

 

 

 

お酒を飲みながらそんな話をしていたら、県民性トークは段々と盛り上がっていく。そのうち、その場にいる別の友人が沖縄の疑問を一つぶつけていた。

 

 

 

「沖縄の人ってあまり海に入らないって本当なの?」

 


「うん。結構入んないかなぁ。まぁ人によるけどね。」

 


「そうなんだー。何で?あんなに綺麗なのに。」

 


「確かに綺麗だけどそれが普通な環境で育ってるからねー。あと皆濡れるの嫌なんじゃない?」

 

 

 

 

 

 

 


え?

 

 

 

濡れるのが・・・嫌・・だと?

 

 

 

 


どっち?え?

 

 

 

 


濡れるの大丈夫なの?嫌なの?

 

 

 

 


どっち?もう!どっち?もーーーー

 

 

 

 

 

 

もーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という事を思い出した昨日の夕方でした。ゲリラ豪雨は嫌だけど夜は少し涼しくなった。風がある夏の夜は好きだ。ふと全国の天気予報を見ると関東よりも沖縄の方が気温が低かった。亜熱帯地方より暑いってどういうことやねん。どっちが沖縄か分からへんわ。もう。

 

 

 

どっち?

 

 

 

もーーーーーー

 

 

 

 


と沖縄に想いを馳せる今日この頃の私です。

 

いつか必ずアフターオクトパスベイカー

夕方の心斎橋の街を久々に徘徊した。たこ焼きが食べたくて。
 
 
 
・・・・・
 
 
なかった。
 
 
たこ焼き屋は沢山あるけど、どこも焼けてなくて、すぐには買えないとのこと。
 
一軒目で「20分近くかかりますかねぇ」と言われたので「じゃ良いです」と断って別の店を探したけど、そこから二軒ぐらい同じ展開。軽く20分ぐらいは徘徊したと思う。
 
 
 
 
 
何でやねぇぇぇぇぇぇええええええええんんん!!!!!
 
 
 
 
 
 
あぁたこ焼きが食べたい。たこ焼きが・・・・・食べたい!!!!!!
 
 
 
しかし、仕方ない。これ以上、ノーコートの状態では寒すぎる。この後ライブやし。身体冷やしたらあかんし。プロやし、俺。俺プロやし。帰ろ。特にお腹すいてるわけじゃ無いし。ただソース恋しかっただけやし。たこ焼きがちょうど良い感じやったって話や。でも良いねん。そこまでじゃないし。
 
 
ってことでライブハウスの自分の楽屋に帰ってきた。
 
 
 
 
 
え・・・・
 
 
 
 
 
 
 
めっちゃソースの匂いするやん・・・・・
 
 
 
 
 
しかも完全に食べた終わった後やん。アフターたこ焼きやん。アフターオクトパスベイクやん!
 
 
 
 
 
 
アフターオクトパスベイクやん!
 
 
 
 
 
 
 
 
俺もオクトパスベイクをアフターしたかった!!!!
 
 
 
 
 
オクトパスベイクをイートしたアフターに手に入れられる称号、アフターオクトパスベイカーを手に入れたかった。
 
 
 
AOBの称号手に入れたかった!!!!!!!
 
 
 
 
AOB!!!!!
 
 
 
 
でも今日は無理。ライブ後に実家に帰っちゃうから。。
 
 
 
 
明日こそは!!!!!
 
 
 
俺もAOBや!!!!!
 
 
 
 
よし!!!!!!
 
 
 
 
 
 
明日の集合時間・・・・
 
 
 
 
 
 
AM.6:30!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
はいムリー
 
 
 
 
はい、もうキャントビーアフターオクトパスベイカー決定。
 
 
ノーアフターオクトパスベイカー
 
 
 
NAOB!
 
 
 
 
アイム!
 
 
 
NAOB!!!!
 
 
 
 
ナオブ!!!!
 
 
 
 
俺、今日、ナオブ!!!!!
 
 
 
 
 
覚えとけよ!次は必ずAOBになったるからな!!!!
 
 
 
 
よし。
 
 
どうでも良いこと文章で書きなぐったら気合い入った。今日のライブも頑張ろ。
 
 
 
 
てことで以上、パクシンでした。次は月曜日!良い週末を!

「ご馳走さまでした」って言ってスベったことありますか?僕はあります。

先日、高校時代の友人の結婚式に参加した。
 
この日主役の友人は高校の部活で青春を共に過ごした仲間。彼女の晴れ姿は美しく、式も披露宴も豪華で華やかで品があり、何より友人の花嫁は本当に幸せそうだった。
 
それはそれは立派な式と披露宴で、ゲストをもてなそうとするホスピタリティが高かった。何より食事のクオリティが凄すぎてびっくりした。
 
一人前でこれって。。しかも、これがまだ序盤も序盤ですから。この後に、板前さんがその場で揚げてくれた天ぷらや、地元和牛のステーキをこれまたシェフの方がフランベショーと共に焼いてくれたり、果ては鯛めしや鰻が出たりと。この日参加した同期の仲間たちと前日集まって遅くまで前祝いをしたことを激しく後悔した。寝不足と二日酔いの状態で昼から食べるもんじゃねぇ。。
 
しかし、主役不在であったとしても、仲間たちで彼女の結婚を前祝いせずにはいられなかった。
 
大阪の南方面の下街で育ち、上京してきて彼女が就いた職業は何ととある大企業の役員秘書。そして、その後捕まえてきた旦那は何とお医者さん。
 
 
 
そう!
 
 
 
とんだサクセスストーリー!!
 
 
 
彼女こそが浪速のプリティウーマン!浪速のブリジットジョーンズ!!
 
 
 
いやぁ!あのあいつが結婚するなんて。しかも旦那がお医者さんだなんて!やったね!これはもう祝いでかっ!
 
 
と言うことで、同期16人のうちのほとんどが東京に大集結して明け方までこのシンデレラガールの前祝いをしてたんです。
 
 
結婚決まったときに両親が嬉しみで小躍りしたらしい(本人談)
 
 
そんなこと話も納得できるぐらいの我孫子出身女の快進撃。あっ地名出してもうた。
 
 
役員秘書で旦那は医者
 
 
って。ある?そんなこと。漫画とかドラマのキャラで出てくるやつやん。何やろう。俺だけかも知らんけど、ちょっとだけバブル感じてしまうの何でやろう。ほんのりやけど。
 
しかもこれまた旦那さんが超絶優男ときた。
 
だってプロフィールの「相手になおして欲しいところ」の項目に「無し。ずっとそのままでいて欲しい。」って書いてるんやで。何なん!何なん!!めっちゃ優しいやん!!それに対して花嫁書きすぎなぐらい埋めてる!!
 
 
おい!!!お前!!!!!この我孫子女!!!あかんて!
 
 
て思いながら披露宴中ずっと観察してたけど、ことあるごとに旦那さんの優しさは伝わるし、嫁がすでに旦那を尻に敷いてる感ある。まぁ要はええ夫婦なんやなってことなんですけど、旦那を尻に敷いてる数々の発言が新郎側の参加者を不快にさせはしまいかとそれはもう心配で心配で。。なんとかリカバリーできたらなと思った僕は率先して
 
 
「いや、お前何様やねーーーん!!」
 
とか
 
「どの口が言うねーーーん!!」
 
とか
 
「おかん似過ぎやろっっっっ!!」
 
 
とか野次をあくまでも親切心で飛ばしてたら
 
 
 
 
 
 
 
めちゃくちゃ浮きました
 
 
 
 
 
だっておかん似過ぎやもん。見た目から喋り方から瓜二つで、幼い花嫁をお母さんが抱っこしてる昔の写真見た時は
 
 
え!!!?こいつ今結婚式挙げたとこやのにいつ子供できたん!?え・・・・!!
 
 
ってなってリアルに5度見した。ここまで父親の要素ないってなかなかない。オールフリーのアルコール度数ぐらいおかんの成分でできてる。
 
でそれをまたことあるごとに「いやいや似過ぎやろwwwww」て花嫁友人側は爆笑してるんですけど、そのうちに気付くんですよね。
 
 
 
明らかに新郎側とノリが違うことに。
 
 
 
やはりお医者さんのグループということもあるのでしょうか。新郎さんの穏やかさに類友で穏やかな人たちが集まるのでしょうか。
 
途中でサプライズで、司会の人がランダムに参列者の人を指名し、指名された人がマイクを握って新郎新婦に質問を一つし、それに対して二人が答える。みたいな演出があるんですよね。
 
 
いや、ぜんっっっぜん良いんですよ。
 
 
ぜんっっッッッぜんッ!ほんまに全ッッッッ然!!!良いんですけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新郎側友人の発言が真面目すぎるぐらい真面目。
 
 
 
 
 
 
 
いやいや!ディスってるわけじゃなくて!ほんまにぜんっっっぜん良いんですよ!!!真面目で!!何もうまいこと言わなくても。ほんと、病気で困ってる人を助ける聖職ですから。そこに尽力していただくことが世の中の幸せなので、ほんまにこんなこと言っちゃいけないともわかってるんです。ほんと。なんかすいません。
 
で、その中の一人が指名されてマイクを握った後に
 
 
僕ではうまいこと何も言えそうにないので、みなさんにご協力していただこうと思います。今から各テーブル回ってお聞きして行こうと思います
 
 
みたいなこと言い出したんですよ。
 
 
 
 
え?
 
 
 
 
 
え???
 
 
 
 
いやいや、「今から聞いて行きたいと思います」って言ってるけど、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まさに今それをやってるんですけど????
 
 
 
 
 
 
なになになに????怖い怖い怖い!!!
え?趣旨わかってない感じ?司会の人めちゃくちゃ面食らってるやん。え?え?ってなってるやん。え〜、、すぐに仕事を孫請けに振る下請けみたいな感じで怖い。
 
いやぁまじ何でなんも〜。本年度のパードンオブザイヤー候補筆頭やわ。年末に急にノミネートに食い込んできたわ〜。
 
しかも、マワシが拙すぎて、、これは本当に仕方がないことやけど、できないならやるなければよかったのにと。司会に任せとけばよかったのに!!何で出しゃばってしまったんや!!!!!!!それもおそらく真面目で責任感が強いゆえの悲しい結末!!
 
その人に当てられた人もちょっと怪我していく感じにどうしてもなるから、もう歩く爆弾状態ですよ。お願いやからこっちこんといてと。
 
そんな地獄絵図の中、前日の前祝いだったりとか、それを迎えるために勧められるまま結構飲んでたりだとか、豪華なご飯で気持ちよくなったりだとかで、僕、気付いたら、、、
 
 
 
 
 
 
 
寝てました
 
 
 
 
 
 
いや!!!!!ほんと!!5分ぐらいだけ!!!!ちょっとウトウトしただけやから!!!
 
 
で、次起きた時、僕の目の前には人間時限爆弾がいてました。
 
 
 
ヤバイ!!!!こっち来てた!!!
 
 
 
いや〜マジで勘弁して欲しい。。。
 
 
でも、こうなったらこのテーブルの中だったら俺のこと当てて欲しい。ずっと変な空気流れてるから、せめてこういうのちょっとだけ人より慣れてる俺に来てくれたら!俺とこの人の爆発だけで被害は最小限に食い止められるから!
 
ほら、みんなもそう思って俺のこと見てる
 
お前当てられんで
 
みたいな分かりやすいトスも上げられてる!!簡単!あとはバット振るだけやから!バット軽く振るだけで俺にあたる状態になってるから!!!
 
 
だから俺来て!来い!こんなに来てほしそうな目してるで俺!ほら!目合ったやん!!!
 
 
 
 
こい!!こい!!!!!
 
 
 
じゃぁこちらのテーブルからは、、(俺の方チラッ)
 
 
 
 
 
お!!来る!!!!!
 
 
 
 
と見せかけてお隣のこちらの方から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
p4tuogowhe;irtup:rjtipoyj!!!!!!!!!!!!!!!!?????????????
 
 
 
 
 
おおおぉぉぉぉぉぉぉぉいいいいいいぃぃぃぃぃッッッっ!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
何でッッ!!!!!!??
 
 
 
 
なぜ!!!!???
 
 
 
 
なぜ見せかけた!!!!!!!
 
 
 
 
おい!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
こんな短い間に2017年パードンオブザイヤー受賞候補を2作品も放り込む!!!??こんなところにパードン界のスピルバーグがおるとは思わんかったわ、、
 
 
 
ほら!見てみろ!明らかに当てられたヤツは自己紹介後に
 
 
「あー、、、うー、、、、」
 
 
 
をもう数十秒も続けてる・・・・・かわいそうに。。。会場の雰囲気と合わせて見ても被害は広がりそうや。。。
 
 
 
 
仕方がない。。もうこうなったら!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
「えーお隣に代わりまして、不詳、私がマイクをとらせていただきます」
 
 
 
 
 
 
ということで、半ば強引にマイクを奪って話しはじめました。
 
 
軽く自己紹介をし、新婦との関係を短めに述べた後に質問タイム。質問は「新郎新婦二人に対して」ということなので、俺がマイクを握ってるここで最後にしたいのと、今までの質問者が少しぬるかったので
 
 
 
 
「初チューはいつ?」
 
 
 
と。多少の下品さもある程度演出しながらね。あえてピエロになって。そらもう新婦側は「おー!?」みたいな感じになるわけですよ。
 
気になる新郎新婦の回答ですけど、これがまたシンキングタイム長め。やっと新婦が口を開きます。
 
 
「あの、新郎が嫌がるかなと思って本当の事言って良いか確認したんですけど、良いそうなので、みなさんに真実を伝えます」
 
 
 
お。これはなかなか引きの強いマクラ。
 
 
えーっと、、初めて出会った飲み会の時に、、人気のない廊下で。。(ポッ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
えええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
絵!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
出会ったその日!?その場!!?下手したら出会って数時間!!!!??
 
 
 
 
 
 
てか、両親とか親族の前でそんなん言って良かったん!???笑
大丈夫?これ大丈夫なやつ?笑
 
 
 
おいおいおいおいおい。。。とんでもない爆弾投下しよったで。。さっきの人より全然爆弾やで。。。
 
 
 
被害を最小限に食い止める!!
 
 
 
とか調子乗って言っときながら、とんでもない爆弾を誘爆してしまった,,,
 
 
 
でも見たらみんな笑ってた。ほんとそれに関しては良かった。一安心。だから、ここで締めるべく
 
 
 
お二人ともありがとうございます。本日はこんなに沢山の豪華なお料理をご馳走になった上に、こんなにお熱いお話をして頂けるとは思いませんでした。
.
.
.
 
 
ご馳走さまです(ドヤァァァァァァァァアアアアア)
 
 
 
もうその時のドヤ顔と言ったら、本年度のパクシンのドヤ顔オブザイヤーもんのやつでしたよ。そしてすかさず、同じテーブルの友人からの
 
 
 
何うまい事言うてんねーん!
 
 
 
っていう突っ込み。綺麗すぎる。。綺麗すぎる流れ。そして反応は!特に新郎側の!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポカーン・・・・
 
 
 
 
 
 
あ・・・・調子乗りすぎた・・・・・
 
 
 
 
そして披露宴終了。
 
 
 
僕が大爆発を起こしてしまったこの件以外は披露宴はすごく素敵な空気に包まれて終了しました。
 
 
 
帰り際に新郎新婦のご両親に挨拶するタイミングで、新婦のお母さんに
 
 
「さっきは何かめっちゃ変なこと質問してしまってほんとすいませんでした。。。」
 
 
って謝りました。ちゃんと。そしたらお母さん
 
 
 
 
 
 
 
ぜんぜん良いよー!実は私、初チューの話娘から聞いて知ってんねーん!
 
 
 
 
 
 
爆笑ww ええおかん!!!!
 
 
 
いやぁ最後におかんにほんわかさしてもらった〜。
 
 
 
 
てことで、そのほんわかした空気をそのままにそこから二次会へと流れてこの日はずっと楽しく呑んだくれてました。楽しかった。
 
それにしても、ほんとに良い式だったし、俺が浮いてただけで参列してた人たちもみなさん超絶素敵な人たちでした。
 
 
いやぁでも仲の良い人の結婚式って感動するし楽しい。これからもいろんな人の大切な時間をこうやって共有できると良いなと思いました。いや、このブログの内容書いてると多分呼ばれへんな,,,,気をつけよ。
 
 
以上、パクシンでした!次は金曜日!

お芝居というものに出ます

明日からsarava東京にて

 

カミナリフラッシュバックス×艶ポリス 年忘れ企画

「私はそうは思わない!〜けどそう思うって人がいるならそうかもね」

 

に出演します!お芝居です!演劇です!!!

 

お芝居します!!!そしてピアノも弾きます

 

 

良かったら見に来てください。

 

 

SARAVAH東京 | 2017.12.05 SCHEDULE - 【ご予約満席/ソールドアウト】カミナリフラッシュバックス × 艶∞ポリス年忘れ企画「私はそうは思わない!~けどそう思うって言う人がいるならそうなのかもね~」

 

 

今日、お稽古が終わって家帰ってゆっくりブログ書こうと思ったら、お芝居共演のお姉さん達に連れ回された、、、、熱いお芝居のおはなしをたくさん聞かせて頂いてます。

 

エンタメってほんとに奥が深い!!!

 

 

よろしくおねがいします!

 

 

PlayStation®︎ Awards 2017に参加してきました

昨日、グランドプリンスホテル新高輪にて開催された『PlayStation®︎ Awards 2017』に参加してきました。

「参加してきました」と、さもゲーム業界関係者かのような物言いをしていますが、僕の職業はミュージシャン。ということで、会に参列したわけでも何かを受賞したわけでもなく、このパーティーを盛り上げるべく、オフィシャルバンドとして参加して参りました。

バンドメンバー7名にサポートミュージシャンを4名加えた11人編成という大所帯ビッグバンドサウンドだったんですけど、どんな感じで演奏してたのかってのは言葉では説明しにくいです。この日の模様がYouTubeライブで放送されていて、アーカイブも残っているので、こちらご覧くださいませ。

 

みんなで語ろう!「今年の1本」!PlayStation® Awards 2017 - YouTube

 

途中から演奏あんまり聴こえねぇw

でもそれも、聴こえ辛いための演奏というか、スピーチされる方のBGM演奏という役割もあったんです。発表を盛り上げたり、BGMになったりと、演出に華をつける役割をさせて頂きました。

 

この日は朝からリハーサルをして長い一日だったんですけど、感想を一言。

 

 

 


ゲームしてぇぇぇえええ!!!

 

 

 


とにかくゲームしたい!めっちゃゲームしたくなった!!

 

何!何!?PS4のソフトめちゃくちゃ面白そうなのいっぱいあるやん!!

 

あれもやりたい!これもやりたい!あっ!これも面白そう!!!!


と、演奏しながらもずっと楽しそうなゲームに心惹かれてました。あっもちろん演奏はちゃんと心込めてしました。

僕はゲームといえばRPGばかりで、その中でもドラクエとFFぐらいしかやりません。でも、それでもどのタイトルもめちゃくちゃ楽しそうで興味湧きまくり。


そして、この日はドラクエとFFがどちらもプラチナムプライズという賞をとっていたんです!

DQ11FF15


でね!


これ、考えてみると結構凄いんじゃないかと。


DQとFFというRPGの双璧が、どちらもナンバリングタイトルでPlayStationというハードで、同じ年にこうやって表彰されてるって結構なことなんじゃないかと!!!!ないかと!!!!!


いや〜そう考えるとやっぱ興奮。


そして何より、堀井雄二さんの受賞スピーチが鳥肌でした。感謝の言葉を述べたスピーチの締めに

 


「人生はRPGです」

 

 

っていう名言。


出たー!!!うわ〜これマジ名言やなぁ〜この人が言うからこそ重みがあって遊び心もある!もう鳥肌!!!

って思ってたら、演奏終わってバックヤードに戻ると他のメンバーも口を揃えて


「名言きけた!鳥肌〜!」


ってなってた。そらそうか。ドラクエ通ってきた男子なら誰にとっても名言やし、堀井雄二さんは昔からみんなの憧れの人。

こんな素晴らしい授賞式に演奏で関われて、そして間接的にでも堀井さんと関われてほんとに嬉しかった。この日マジチョベリグやった。

もうね、盛りに盛ったところをさらに盛るとこう言っていいんちゃうかなぁ。

 


俺、堀井雄二のバックバンドやったことあんねん

 

 

あかん?あかんかな!?

 


そもそも堀井さんボーカリストでもミュージシャンでもないけど!でもでも!「バックバンド」って言葉だけで見ると「後ろのバンド」やん。それ、、、

 

 

俺らやん!!!

 

俺ら堀井さんの後ろにおったやん!!それはもうあれやん!!俺たち、、、

 

 

 

 

堀井雄二のバックバンドやん!!!

 

 

 

うわー。もう世間の人が認めてくれなくても、俺の心の中で思っとくわ〜。

「俺は堀井雄二のバックバンドやった」

って思っとくわ〜。一瞬だけやけど。ほんのひとときやったけど!あの幸せな時間は!

あぁ。。でも伝えたかったな。叶うことなら

ドラゴンクエスト11、本当に本当に楽しかったです!ありがとうございます!」


って伝えたかった。


ドラゴンクエストを世に生み出して、そして新しいタイトルを作り続けてくれてありがとうございます」


って言いたかった。叶うことなら。

 

同じ気持ちの人は世の中にたくさんいてると思う。ドラゴンクエストに限らず、自分が遊んで楽しかった作品。それを作った人に対して「この作品を世に生み出してくれてありがとう!」って思う気持ちはみんなあると思うし、できる事なら直接伝えたいぐらい、それぐらいめちゃくちゃハマってるし楽しませてもらってます!マジでありがとうございます!って思ってるゲームユーザーってたくさんいてると思う。

 

PlayStation®︎ Awardの中で、賞をとって登壇しスピーチをした製作者の方々はどなたも、ユーザーと協力してくれた人たちへ感謝を述べて、次もまたこれ以上に楽しく遊べるゲームを作るという気持ちを語ってらした。それを後ろで見てると「僕たちを楽しませてくれてありがとう」という気持ちはちゃんと伝わってるんだなぁと思えた。

 

そして何より、PlayStationに関わる人たちがより多くの人たちを楽しませたい、楽しんでもらいたい!という気持ちに溢れまくってるのがヒシヒシと痛いぐらいに伝わってきた。


そう。この会場には、世の中の人たちをより楽しませようと努力し続けてきて、その結果を残した人たちばかりが集まってる。なんや、、、ここ、、、、めちゃくちゃ素敵な空間やん。。。

 

そう思うとより一層、演奏に身が入りました。


フィールドは違えども、エンターテイメントというくくりでは同じ。通ずるものがたくさんあるし、なにより勉強になることがたくさんあった場でした。


パーティー終了後にはなんと盛田厚プレジデントと写真を一緒に撮って頂きました。腰が低くて穏やかで、感動でした。

 f:id:pakshin:20171201214719j:image

 

この日のメンバー総勢11名。

 f:id:pakshin:20171201214730j:image

 

というわけで、御察しの通り興奮し過ぎでテンション高くなってますが、それ程に良い一日だった、、、

 

人生がRPGやったら俺いまどの辺なんやろ。そろそろメラぐらいは出せても良い気がするし宝箱いっぱい開けたいし色んなお姉さんにパフパフして欲しい。

でも良いねん。そんなんできなくても。

だって俺

 

 

 

堀井雄二のバックバンドやったから。

 

 

 

ただ後ろにいて演奏してたってだけやけど…

 

 

ミーハー過ぎると言われれば何も否定はしないです。 僕ミーハーです。


以上、パクシンでした!つぎは月曜日。皆様良い週末を!