読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOSHIN

カルメラのピアニスト、パクシンによる日々の出来事をパクシン目線で見たブログ

ベレー帽ちゃんとユニクロ君の話

冷え性のパクシンです。
 
人は見かけによらないという言葉はこの世に産まれてから軽く3万回以上は聞いてきたんですけど、本当にそうだなと思う瞬間がちょいちょいありますよね。
 
昨日、終電近くの山手線に乗っていたんですけど、前にいた二人組の会話がすごく気になる内容でした。ベレー帽を被った背が小さいさいほわほわした女子大生風の女性と、上から下までユニクロコーデのちょっとふっくらした眼鏡の男性。一見、どこかの大学の漫研なり文化系サークルのカップルのように見えるこの2人ですけど、完全に音響の話してるんですよね。
 
『あの子にここのフェーダーはあまり上げない方が良いよって言ってあげればよかったな〜って思って。』
 
みたいな。風貌から見てまさか同業の方たちだとは思ってなかったので
 
 
 
"マジか…"
 
 
 
って軽くなったんですけど、よくよく話を聞いてみるとどこかの大学のお芝居のサークルだそうで。一度興味を持ってしまうと、そこからはその人達の話に聞き入ってしまうのが人間というもので。その2人がしてた会話は、サークルの中にいてるヤル気のない人物についてあーだこーだ言ってる、あるあるの内容なんですけど、ベレー帽の女性の方がちょいちょいユニクロの男性の方に
 
 
『彼女はなんて言ってるの?』
 
 
みたいなこと聞くんです。
自然に挟んでくる感じですけど、山手線にして2,3駅の間で2,3回はそのユニクロ君の"彼女"の存在をチラつかせてくるベレー帽ちゃん。まるでベレー帽ちゃんの中で"一駅ごとに彼女の事に触れて良い"みたいなゲージがあるかのように、自然にかつそれとなく。
 
 
『よし!一駅通過したからまた彼女とのこと聞ける!』
 
 
 
みたいな事思ってるんだろうか。
 
 
 
"いや…ちょいちょい自然に聞いてる風やけど、ベレー帽ちゃん、君のユニクロ君に対する想いダダ漏れやで…”
 
 
 
と、こう思っちゃう訳なんですけど、当のユニクロ君は
 
 
『まぁね〜』
 
 
って流してるんですよね。何かちょっと可哀想なベレー帽ちゃん。ベレー帽ちゃんのその分かりやすいオーラにも気付かないほど鈍感なのか、それともただ単にベレー帽ちゃんの事を鬱陶しいと思っているのか…いずれにしてもユニクロ君のプレイボーイ風な反応にシビレますよね。うそやけど!シビレへんけど!
 
 
と思っていたら、何回目かのベレー帽ちゃんの”彼女のこと聞いていいゲージ”が溜まった時にユニクロ君が
 
 
『まぁな〜。もうどうでも良いからな〜』
 
 
みたいな事言いよったんですよ。これはもう、完全にベレー帽ちゃんの線に活路を見出した反応!
動き出した!何かが動き出した!!
ベレー帽ちゃんも
 
 
『うっそ〜仲良いじゃん!』
 
 
みたいな事言ってるんですよ。ちょっと嬉しそうに。
もうそん時の僕の気持ちと言ったら、全力で
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“うわ〜何やねん……これ…"
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ですよね。
 
 
これから始まるんやろうなぁ。ベレー帽ちゃんとユニクロ君とその彼女による愛憎劇が…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
めっっっっっっっちゃ気になるやんっ!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そもそも何でこの二人がこの時間に電車に乗ってるのかって事から始まり、この先の会話の事とか、ベレー帽ちゃんが終電逃すパターンや、仕切り直しで二人で会っちゃうパターンや、色々考えられる…
 
 
 
 
めっちゃ気になるやん…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
って思ってたら降りる駅とうに過ぎてました(´・_・`)
 
 
 
 
 
 
そもそも何で電車に乗ってたかって言うと、事務所の前に置いたままの自転車を取りに行くためだったんですけど、この寒い中、帰りはチャリな事を考えたら気持ちが萎えるのに、降りる駅過ぎてまた戻って…ってしてるとその気持ちがさらに萎えちゃいました。
で、結局事務所でぬくぬくとぼーっとした後ちょっとビール飲んで、最終的に車で家まで送ってもらいました。
 
 
 
 
 
 
(´・_・`)
 
 
 
 
 
家に帰ってから襲ってくる
 
 
 
 
 
 
“何の時間やったんや…"
 
 
 
 
 
 
っていう感情。まぁベレー帽ちゃんとユニクロ君の愛憎劇のプロローグを見れたし軽く打ち合わせもできたから良しとして…
 
 
 
 
今からいよいよ自転車取りに行きます。
 
 
 
 
また山手線に乗るのか…
外寒いなぁ…
 
 
 
 
いずれにせよ、ベレー帽ちゃんとユニクロ君の二人には二人が思う幸せを手に入れてくれれば良いなぁと思います。
ユニクロ君がベレー帽ちゃんの事幸せにできるのかは結構謎やけど…
 
 
まぁでも…人は見かけによらないって言うしな…
 
 
 
以上パクシンでした。