読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOSHIN

カルメラのピアニスト、パクシンによる日々の出来事をパクシン目線で見たブログ

今行きたい場所の話

バンド 旅行
東京に帰って来ました。パクシンです。
 

今行きたいところ 

f:id:pakshin:20150223150614j:image

この2週間近くの旅でまた色々な出会いと楽しい思い出がいっぱいできました。
新しい土地に降り立ったり、改めて大阪でゆっくり過ごすことができたり、大学に凱旋してルーツを再確認できたりと充実しておりました。
このお仕事してると、色んなとこに行けるので凄く楽しいんですけど、なかなかその土地でゆっくりすることもできないので、休みになったら旅行で行きたいなぁと各地でけっこう思うんですよ。
 
その中で今一番行きたいところ!そう!!
 
 
 
 
 
沖縄!!
 
 
 
 
できれば離島のほう。上の写真は本島に旅行行った時に撮ったものです。これでも充分良かった。沖縄にはいままでバンドで2度行っています。凄く楽しかった。3度目は沖縄じゃなくて、海外攻めてグアムに行こうぜ!って事で上京する直前に”卒業旅行”という名目で行って来たのですが、全員の感想は
 
 
 
 
 
『沖縄の方が全然良い』
 
 
 
 
でした。
 
だってそこに居てる人ほとんど日本人やねんもん。
街の住人や様々なスタッフ的な人たちが外国人なだけで。しかも日本語全然通じるし。
自販機は選んだのと違うやつ出てくるし。
 
 
 
 
 
 
じゃぁ沖縄でええやん
 
 
 
 
 
そうなりました。楽しかったんですけどね。
てゆうか絶対もっと楽しいんでしょうけどね。
お金かけな過ぎた旅だったので、もっとちゃんと資金を投入してればもっとラグジュアリーな南の島の旅をできたんじゃないかと。グアムという有数のビーチリゾートに日帰り格安温泉旅行のノリで行ってるふしはちょっとありました。ええ。
 
でも…?
 
そのグアムでちょっと良い旅するお金を国内の沖縄旅行につぎ込んだら…?
 
 
更にラグジュアリーな旅が…?
 
 
 
 
 
 
じゃぁ沖縄でええやん
 
 
 
 
 
こうなっちゃうんですよね。
このループにはまってしまえばもう何でもそう。
色々考えた結果、じゃぁ沖縄でええやんってなってしまうんですね。末期症状になると、冬に北風が強いだけで『じゃぁ沖縄でええやん』っていう言葉が出ちゃうぐらい。
風が吹けばJTBが儲かる。
 
そんなこんなで、バンドメンバーで時々”沖縄に行きたい”って話に花が咲くのですが、交通費などの諸経費やスケジュールの事など、もろもろ考えると中々実現できないのが現実。もうこうなったら旅行で行ったれ!と思っても、中々いいところに休みがないんですね。メンバー全員で行くと『どうせ来てるなら仕事すればええやん』って感覚になりそうなので、とりあえず個人旅行で行こうかなぁという人もチラホラ。
 
 
もう旅行で行こう!
 
 
がっつり旅行で行って楽しもう!!
 
 
離島で1日ゆっくり過ごしたりしよう!!
 
 
行こう!行ける人だけでも!!
 
 
何だったら俺は一人でもいい!!
 
 
沖縄に旅行に行こう!!!!
 
 
 
そう熱く語っていたら、話を聞いていた社長がある日こんな一言を。
 
 
 
 
社長『ねぇ、皆なんでそんなに沖縄に行きたいの?』
 
 
 
や!それは楽しいからですよ!
過去二回行った思い出がキラキラしてるからですよ!
めっちゃ楽しかったなぁ。うん楽しかった。そう言い合ってるとさらに一言
 
 
 
 
社長『何が楽しいの?』
 
 
 
 
 
…………!!!!?????
 
 
 
え!!
 
 
それは!!!
 
 
 
確かに…
 
何がって…!!
 
 
 
綺麗な海とか!マリンスポーツ!雄大な景色!開放感!とか!とか!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
社長『ならハワイの方が全然良いよ』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全員『行けるかーい!!!!!!!!!!!!!!』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そもそもスケジュールのすり合わせで国内の沖縄ですら危ういのにハワイなんか行ける訳ないやん。って旨の事言ったら
 
 
 
 
 
社長『だよね笑』
 
 
 
 
って言ってました。
 
 
クソッ!!クソーーッッ!!
 
絶対にそう遠くないうちに行ったるからな!!!
ないんかな。アロハフェスみたいなんないんかな。
 
 
その前に、やっぱり沖縄には絶対行きたい。宮古島にも石垣島にも行きたい。
一年に一回は琉球の風感じたい。会いたい人もたくさんいてる。今年はどこかでタイミング見て絶対に行こう。
 
 
 
そんな僕が今一番気になってるのはモルディブです。
 
以上パクシンでした。