読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOSHIN

カルメラのピアニスト、パクシンによる日々の出来事をパクシン目線で見たブログ

ブログを1ヶ月毎日更新した結果感じた話

バンド 音楽

現実でも眠りの中でも夢を見てます。パクシンです。

 
ええ。上手いこと言ったつもりですよ。
 

ブログを毎日更新してみて… 

ずっと続いていた連続更新。ついにここ3日間はお休みしちゃいました。『やめてるやん』の声が一つも上がらなかったからっていじけちゃいませんよ。別に。まじで。ほんまに。
 
忙しいから止めたって訳ではなく、自分の中で何となく『一ヶ月ぐらい続けばいいな〜』と思って連続更新を続けてたんですけど、無事に目標を達成できたのでちょっと休憩してました。
 
1ヶ月やってみて思ったのは
 
 
 
『全然できるな』
 
 
って事です。時には時間がなくて無理そうな時もあったけど、それを差し置いても別にできる。何でもやりたいことを『忙しい』って言い訳でやらないのは本当にダサいなと改めて思いました。
 
 
続けていると、次第にアクセス数もアップしていったし、お客さんと顔を合わせる時も『ブログ読んでます』って声を沢山頂けました。
 
とはいえ、毎日更新することに拘ってやっつけな内容になるのは嫌だし、これからは連日更新に拘らずに、しかしまぁまぁの頻度でこのメモシンを更新していくつもりです。
 
できているかどうかは置いておいて、僕の事や、僕のいるバンドの事を全然知らない人でも読んで貰えるような内容を心がけているつもりなんですけど、『こいつ全然音楽と関係ない事ブログに書いてるやん』と思ってらっしゃる方いたら温かい目で見てくれると嬉しいっす。まぁできるだけ音楽とかバンドとか、自分のフィールドのことに繋げた記事を更新できればとふんわり思ってますんで。
 
・日々のこと
・音楽やバンドのこと
・親父にまつわるエピソード
 
この辺を軸にできたらな〜と思ってます。
 
3つ目が若干浮いてますけど、僕の親父にはまだまだ書いてないエピソードがいっぱいあって、昔から『この人を中心に見た話でドラマとか作ったら面白いやろうな〜』と思ってたんですよね。
 
Twitterの裏アカウントで親父のエピソードを呟いたものがあって、それがまぁまぁ好評だったんですよ。
 
でも内容が過激なものもあるし、今や"ネトウヨ"や"ヘイトスピーチ"という言葉を日常でもよく目や耳にするようになってるので、ルーツの事に言及して面倒くさい事に巻き込まれるのは嫌だなぁという気持ちもあります。
 
なのでゆったりふわふわライトめなものを、思い出した時にでも。
 

夢見る少年でしかいられない話 

大阪のなんばHatchでのワンマンライブが11日後に迫ってきてます。その後には東京の渋谷duoというそこそこ大きなライブハウスでも自主企画イベントがあります。
 
準備も最終段階に入っているんですけど、最近は寝ても醒めてもこの事で頭がいっぱいで、ここ何日間は夢に見るほどです。
 
なんばHatchに至っては1000人以上収容の、大阪では指折にでかいライブハウス。
 
いや、大阪城ホールや京セラドームなんかは"ライブハウス"ではないんで、その括りでみるとZeppなんばと並んで大阪では最大規模ですね。
 
 
そんななんばHatchにお客さんは誰も居ず、ステージには僕の他に7人いるはずのメンバーが1人しかいないという夢を見ました。
 
その1人はトランペットの小林くん。
 
 
だだっ広い空間の中に2人きり。
 
 
 
『どうしよっか…?』
 
 
と聞く僕を無視して小林くんは照明さんにあれこれと注文をしていました。
 
 
 
"いや、もうこれ照明どうこうの話じゃないやん…"
 
 
と心の中で思ってたんですけど、気付けば彼とセッションしてました。
 
 
そして目が覚めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
た、頼むから…!!
 
 
 
 
成功させてくれ…!!!!
 
 
 
こんなシュールな現実になるのは嫌だ!
 
 
 
泣いても笑っても残された時間はあと少しなので、良いステージにするように内容を研ぎ澄ませていくのみです。
 
 
そういえば、このなんばHatchワンマンのPRの為に色々と大阪のラジオ番組に出演したんですけど、そのうちの一つで、相川七瀬さんの番組に出させてもらいました!
 

f:id:pakshin:20150317154546j:image

 
綺麗やったな〜。俺はずっと夢見てるわ〜。夢見ずにはいられへんわ〜。
 
 
て事で、話があっちこっち行っちゃいましたけど、夢を実現させる為に、あゆみは遅くとも確実に前進して行きます。
 
なんばHatchワンマンも、渋谷duoの自主イベントもよろしくお願いします!
 
 
 
 
以上パクシンでした。