読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOSHIN

カルメラのピアニスト、パクシンによる日々の出来事をパクシン目線で見たブログ

パクシンの部屋OSAKA vol.1 〜Sundayカミデ氏を迎えて〜

新幹線の中です。パクシンです。
 
昨夜は東心斎橋の和bar valineにて『パクシンの部屋OSAKA vol.1』でした。
ゲストはワンダフルボーイズのボーカル、Sundayカミデさん。沢山の方にお越し頂けて感謝です。
 
大阪アンダーグラウンドシーンを背負って立つサンデーさん。自身が主催するイベントの『LoveSofa』が15周年を迎え、なんばHatchでのアニバーサリーイベントを終えたばかりという忙しい中にも関わらず、今回快く出演をOKしてくれました。
このパクシンの部屋は、ゲストの方の曲をメインにして僕が伴奏をし、トークでもゲストさんのことを掘り下げ、来ているお客さんにその方の良さを知ってもらおうという趣旨なのですが、昨夜はサンデーさんの
 
・トークが抜群に面白い
・フロントマンとしての楽曲のリード能力が高い
・作る曲がシンプルで良い
 
といった、良さを存分に引き出せた気がします。
 
本当にトークはキレッキレで、2時間半で8曲(9曲?)という驚きの結果に。それを受けてアンコールで
 
『今日はできなかった曲もあるんでまた一緒にやってもらって良いですか?』
 
と聞くと
 
『もちろん!また一緒にやろう!』
 
と言ってくれ、その後に
 
 
『今度は僕がピアノで伴奏するんで、パクシン何か俺の曲1曲歌って』
 
 
と言ってくれました。
 
見てくれてたお客さんの前で絶対やりましょう!って言ったので、必ず実現させますね。
 
 
東京編の第2回目に続き、今回大阪編の初回に出演してくれたサンデーさん。間違いなく大阪の顔役の一人であり、界隈のミュージシャン皆の兄貴分であり師匠であるような存在の人。僕もLove Sofaに一お客さんとして顔を出していた時から憧れの存在で、今でも会うたびに『凄いな』と思わせてくれる先輩です。
 
そんな人と一緒に、たっぷりとマンツーマンでステージに立てて、昨日は本当に幸せでした!
 

f:id:pakshin:20151111181950j:plain

f:id:pakshin:20151111181952j:plain

 
 
毎回そんな風に思えるような方を迎えて、パクシンの部屋を続けて行きたいと思います。大阪編も毎月できたら良いなぁとは思いながらも、中々難しいところもあるので、できるだけ短いスパンで続けていければ。
 
 
あっそうそう。昨日開演前にちらっと言ったんですが、今回過度な写真の撮影や、動画の撮影は控えて欲しいという事を伝えさせてもらいました。写真をとってもらう分には全然良いんですけど、デュオなんかでしっとりとした曲が多いと、シャッター音が結構目立つので、バシバシ撮られるとちょっと…てのがあり。動画に関しては、最近、普通に録って友達どうしで共有してる人とかも増えてきてるみたいで、SNS上にアップされてるのとかも見かけるんですが、僕個人としては、ご勘弁頂きたいです。その日の内容は、やっぱりその場にお金と時間を使って来た人が観れる特権だと思ってるし、こちら側の演奏の”良さ”というのも、その日の空気感やその場で見るからこその良さがあってのものだと思うので、動画ではプロのちゃんとした編集がされてない限り、鮮度が落ちちゃうと思うんですよね。僕は東京編の模様の一部をよくUstreamで中継していますが、これでも色んなことを考えた上で一部だけ配信してます。
 
はっきり言ってこんな事あえて言うのも心苦しいところなんですが、出演者もお客さんも、皆が気兼ねなく楽しめるために、僕の個人ライブではちゃんとスタンスを提示しておこうと思いました。
 
せっかくのライブですから、レンズや画面を通してじゃなく、生で見た方が絶対に楽しめると僕は思います。あとやっぱり、ステージから客席を見たときに、ずっと携帯持ってこっち見てる人たちがいっぱいいたらちょっとテンション下がっちゃうよな〜とも想像できるので。
 
その瞬間ごとが思い出に残るような、楽しくて心地良い空間を作っていくよう頑張りますのでよろしくお願いします!!
 
 
ちょっと話が重い方向に行っちゃいましたが、そんなこんなでパクシンの部屋OSAKA vol.1は良い感じに終了しました〜。
 
そうそう、この日は大学の後輩で奇妙礼太郎トラベルスイング楽団でトロンボーンを吹いているトミーがサプライズでふらっと遊びに来てくれました。
 
その後、fugacityの大野さんがやっているbar mellowにサンデーさんと三人で移動して軽く打ち上げ。終わり頃には東京編の次回ゲストの杉瀬さんや、番長さんも来て、わいわいと僕の中で落ち着く大阪な感じの夜を過ごせました。
 
トミーはイギリスから帰国子女として大学に入学したハーフ。欧米人の顔して苗字が斎藤で、ギターがめっちゃうまいのにトラベルでは触ったこともなかったトロンボーンを担当。そして普段は商社勤め。訳のわからない肩書きで愉快な人生を歩いているけど、かれこれ長い付き合いで、今でもこうやって慕ってくれることが嬉しい。
 

 
この日、改めて認識したサンデーさんという先輩の大きな背中。今までは後輩として追いかけていくばかりでしたけど、追いかけるだけではダメで。そして、こうやって自分の背中を見てくれる後輩がいるということは、僕もどんどんと大きくなっていかないといけない。5,6年前ぐらいから考えると、ただのその辺のやつだった俺が、先輩たちに認めてもらって一緒に何かをしたり、後輩が増えていったり。気付いていなかったけど、改めてちゃんと見つめると、着実に自分の存在は大きくなっているみたいです。ただ、まだまだ道半ば。もっともっと前進してもっともっと大きくなります。
 
 
本当に先輩にも後輩にも俺は恵まれているなぁと感じた夜でした。
 
 
という訳で、大阪編の第2回目は目下調整中ですが、次は11/26に東京編第6回目があります!いつもの下北沢cafe/fieldにて、ゲストはシンガーソングライターの杉瀬陽子さん!
なんと杉瀬さん、トロンボーンもできるんですが、この日はトロンボーンを持ってきてくれるみたいです!杉瀬さんのボントロが聴けるかも!必見です。
 
---------------------------------
 
11/26(木)『パクシンの部屋TOKYO vol.6』
ゲスト:【杉瀬陽子
@下北沢cafe/field
OPEN/19:30 START/20:00
¥2500+1D
ご予約はpakshin.official@gmail.comまで
 
---------------------------------
 
 
たくさんのご来場お待ちしております!
 
以上パクシンでした!